銀行からお金を借りる方法 | 銀行でお金を借りるには何が必要?  

銀行からお金を借りるならカードローンがおすすめ

【あなたはお金を借りるとき、どんなことが気になりますか?】

安心感?金利の安さ?それとも手軽さでしょうか?
個人が銀行からお金を借りるなら、「カードローン」を選ぶことで、これら3つを満たすことができるんです。


カードローンとは、銀行が売っているローン商品のひとつで、住宅ローン・教育ローン・マイカーローン・リフォームローンなどと同じようなものです。
これらの住宅ローンや教育ローンなどは目的に合ったローンを組まなくてはいけませんが、カードローンではお金の使い道は原則“自由”なので、急な出費や生活費としても使えます。

つまり、銀行からお金を借りるのに、特別な理由を考える必要はないんです。

また、カードローンに申し込んだその日のうちに口座に直接振込してもらえたり、いつものキャッシュカードでキャッシングできたりするため、カードローンは銀行からお金を借りる方法の中でもとくに人気のローン商品なんです。

>> おすすめの銀行カードローン一覧はこちら

このように、とても手軽で人気のある銀行カードローンには、以下のような3つのメリットがあります。

銀行カードローンでお金を借りるメリット3つ

カードローンを利用できる金融機関には「銀行」のほかに「消費者金融」もありますが、とくに銀行カードローンを利用するメリットは以下の3つです。

1.銀行だから安心してお金を借りられる

貸金業法の改正によって、法外な金利を設定したり執拗に取り立てたりする消費者金融はかなり減りました。
ですが、「なかには悪徳な金融会社もあるのでは?」と、あまりよくないイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

もちろん、プロミスやアコムなどのようにテレビCMで紹介されている大手消費者金融のカードローンなら安心ですが、初めてお金を借りる人にとっては銀行の方が安心してお金を借りられるでしょう。

2.銀行カードローンの金利は消費者金融よりも安い

銀行によって金利は異なりますが、消費者金融よりも比較的低金利となっているのが銀行カードローンです。
銀行からいくらお金を借りるかによって、返済にかかる日数も違いますが、金利が安い方が返済の負担はもちろん軽くなります。

また金利の高い消費者金融で借りている場合や複数の金融機関からお金を借りている場合は、銀行カードローンに借り換えたり、借金を一本化することによって現在の借り入れ状況よりも金利が安くなることもあります。

3.銀行カードローンは「総量規制」の対象外で専業主婦もOK

消費者金融と銀行では適用される法律が異なり、消費者金融は貸金業法に、銀行は銀行法に従ってローン商品を扱っています。

貸金業法には総量規制があり、個人がお金を借りるのは年収の3分の1までと決められています。
そのため消費者金融では年収の3分の1を超える金額を借りることは原則できず、収入のない専業主婦は配偶者の同意と収入証明なしでお金を借りることができません。

一方、銀行法には総量規制がないので年収3分の1以上でも借りることができ、専業主婦でも申込が可能となっています。

>> おすすめの銀行カードローン一覧はこちら

銀行カードローンでお金を借りるときの必要書類や手続きって面倒なの?

銀行カードローンでお金を借りるときに必要なものとしては、概ね本人確認書類だけです。
サインや印鑑は必要ありません。

「銀行でお金を借りる」となると、住民票や印鑑証明などの契約に必要な書類が多く、何かと手続きが複雑で手間がかかるイメージがあると思いますが、個人向けカードローンは簡単な手続きだけでお金を借りることができるんです。

申し込み方法は様々ですが、簡単に素早く処理したい場合は、必要な情報を入力するだけのWEB申し込みがオススメです。
スマートフォンがあれば、基本的に24時間365日いつでもどこからでも申し込み可能で、早ければ最短即日で融資を受けることもできます。

このように、銀行カードローンでお金を借りるといっても、多くの書類や複雑な手続きは必要ないんです。

ただ、過去の借入に何らかの問題があった方や、借入金がその銀行の規定以上になると、必要なものも変わってきます。
なぜかというと「自分は借りたお金を返す力がある」と証明しなければならないからです。
その証明となるのが源泉徴収票・住民税決定通知書などの収入証明書類です。
心配な方はこれらの書類も用意するのがオススメです。

>> 手軽に安心してお金が借りられる銀行カードローンとは?

銀行からお金を借りる具体的な方法

銀行カードローンの申込から借入までの大まかな手続きの流れはカンタンな3ステップです。

1.WEBから申込み

まずはWEBから申込みを行いましょう。
HPから簡単に申し込みができ24時間365日対応しています。
スマートフォンがあればいつでもどこからでも申し込みができます。
申込み画面に従って必要情報を入力していきましょう。

2.審査結果を待つ

申込みが終われば審査結果を待つのみです。
WEB申し込みをすると、審査にかかる時間が短縮できるのでオススメです。
審査結果は、最短30分ででるところもあります。
基本的に審査結果はメールまたは電話での連絡となります。

3.専用カード発行または口座振り込み

審査に通ったら、無人契約機を利用して専用カードを発行してもらいましょう。
無人契約機でのカード発行の場合は、本人確認書類が必要となるので忘れないよう持参してくださいね。

なお、その銀行の口座を持っていれば、口座に直接融資金を振り込んでくれるサービスもあります。
口座を持っている場合は、このサービスを利用するのもオススメです。
※銀行口座がなくても申し込みできる銀行もあれば、カードローン利用には口座が必要な銀行もありますので確認しましょう。

本人確認書類について

「運転免許証」や「健康保険証」など申し込んでいる本人の識別できるものを提出する必要があります。
できれば顔写真の載っている運転免許証が良いのですが、公的機関が発行している健康保険証でも問題ありません。
最近ではマイナンバーカードでもOKとしている銀行もあります

安心して借りられるおすすめの銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
実質年率 2.0%~14.0%
利用限度額 1万円~800万円
申し込み WEBなら24時間受付
みずほ銀行カードローンのポイント
WEBからのお申込みなら、来店も郵送も不要なので、とっても便利!
借り換えも簡単!他での借り入れをおまとめすることが可能!
公式サイトはこちら

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク
実質年率 4.5%~18.0%
利用限度額 最高500万円
審査スピード 即時
融資スピード 最短即日
新生銀行カードローン レイクのポイント
主婦・主夫の方でもパート・アルバイトなどで安定した収入がある方ならお申込みOK!
インターネットから24時間いつでもお申込みOK!
初めてご利用の方で契約額1~200万円の方、お借入額のうち5万円まで180日間無利息!
公式サイトはこちら

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
実質年率 1.8%~14.6%
利用限度額 10万~500万円
申し込み WEBなら24時間受付
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックのポイント
スピーディーな審査回答でご利用までがスムーズ
全国の当行・提携コンビニATMで利用OKで、さらにATM手数料いつでも何度でも無料!
公式サイトはこちら