住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」の金利や申込・審査の特徴まとめ

金利が安いというだけで、住信SBIネット銀行のミスターカードローンを選ぼうとしていませんか?

ミスターカードローンは、低金利で限度額も高いですが、デメリットがないというわけではありません。
ミスターカードローンの特徴について十分に理解し、あなたに合ったサービスかどうかを見極めるようにしてください。

住信SBIネット銀行のミスターカードローンでお金を借りるメリット3つ!

住信SBIネット銀行のミスターカードローンには、

  1. ローンが低金利である
  2. 契約の限度額が高い
  3. 追加返済が容易である

というメリットがあります。
ミスターカードローンのメリットについて順に説明しますので、十分に理解しておくようにしましょう。

住信SBIネット銀行のミスターカードローンのメリット
1.金利が低いこと

まず、ミスタカードローンの最大のメリットは、ローンの金利が低金利であることです。
消費者金融の多くが、最高で年率18%近くの水準で融資しているのに対し、住信SBIネット銀行では、年率0.99%~7.99%(プレミアムコース)となっています。

たとえば、年率18.0%の消費者金融で10万円を借入れした場合、30日間で発生する利息は、
10万円×0.180×30÷365=1,479円
となります。
ところが、ミスターカードローンで年率7.99%で借入れできた場合は、
10万円×0.0799×30÷365=656円
で済みます。
わずか1ヶ月間で10万円の残高につき800円近くの利息の違いが生じますので、ミスターカードローンの負担の軽さがいかに大きいかが分かると思います。

とくに、ある程度以上のまとまった金額の借入れをして、長期間にわたる返済の場合は、わずかな金利の違いが負担の大きな違いとなって現れます。
返済シミュレーションで金利負担を確認するのはもちろん、できるだけ負担の少ないカードローンを選ぶのがおすすめです。
複数カードローンのおまとめを目的とする場合は、ミスターカードローンのような低金利なサービスを選んでみてはいかがでしょうか。

住信SBIネット銀行のミスターカードローンのメリット
2.限度額が高いこと

住信SBIネット銀行・ミスターカードローンの限度額は、最高で1,200万円までとなっています。
一般的なカードローンの限度額の上限が300万円~800万円までであるのに対し、限度額の多さが目立つと思います。

カードローンの利用が初めでの方にとっては、「1,200万円も借入れする必要がない!」と思うかもしれません。
しかし、高額融資が見込めるカードローンであるほど、審査結果に対する期待が大きくなるのも事実ではないでしょうか。

また、プロミスやアコムといった消費者金融のカードローンでは、最高でも「年収の3分の1」までの限度額となります。
貸金業法に基づく「総量規制」の仕組みによるものですが、この規制は、貸金業者だけを対象としています。

貸金業者は、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などのことで、銀行は貸金業者ではありません。
つまり、住信SBIネット銀行のミスターカードローンなら、年収の3分の1超の希望額でも1,200万円の限度額を上限に審査してくれるということです。

複数カードローンのおまとめや、自動車の購入、住宅のリフォームなどにも活用できますので、高額融資が必要な場合は、低金利で限度額が多いミスターカードローンがおすすめになります。

住信SBIネット銀行のミスターカードローンのメリット
3.追加返済が手軽にできること

住信SBIネット銀行のミスターカードローンなら、通常の約定返済だけでなく、追加返済も簡単です。

カードローンの返済は、他のローンとは異なり、「毎月○○円」と返済額が決まっているわけではありません。

 借入金額  毎月の約定返済額
 2,000円以下 前月末時点の残高
 2,000円超~10万円  2,000円
 10万円超~20万円  4,000円
 20万円超~40万円  6,000円
 40万円超~60万円  8,000円
 60万円超~80万円  11,000円
 80万円超~100万円  15,000円

 

上の表のように、毎月の約定返済額(最低限、入金しなければならない金額)が決まっていて、それを上回る随時返済が自由にできます。
金融機関によっては、繰上返済が困難なサービスもありますが、ミスターカードローンは、好きなタイミングで好きな金額の繰上返済ができます。

普段は、家計への負担が少ない金額だけを入金していて、ボーナスや臨時収入があったときに「まとめて返済」、といったことができるのも、住信SBIネット銀行のミスターカードローンの魅力ではないでしょうか。
繰上返済の方法もWEB上の手続き(または、提携ATMからの入金)となっていますので、返済に手間がかからないのも人気の理由になります。

住信SBIネット銀行のミスターカードローンでお金を借りるデメリットは審査が難しいこと?

住信SBIネット銀行のミスターカードローンにデメリットがあるとすれば、

  1. 審査の難易度が高いこと
  2. 必ずしも高額融資が認められないこと

ではないでしょうか。

まず、ミスターカードローンの金利は、年率0.99%~7.99%と説明しましたが、あくまでもプレミアムコースが認められた場合です。
審査によっては、一般のスタンダードコースになることもあり、その場合の金利は、年率8.39%~14.79%の範囲で決まります。

つまり、住信SBIネット銀行の審査に通らなければ、年率0.99%~7.99%の超低金利ローンが利用できないということです。
必ずしも、借入れできないわけではありませんが、超低金利ローンを利用するのは難しい、というのも確認しておいた方がいいでしょう。

また、ミスターカードローンは、総量規制対象外で年収の3分の1超の融資も不可能ではありません。
しかし、だからといって、すべての人が年収の3分の1超の高額融資が受けられるわけではありません。

あくまでも住信SBIネット銀行の審査で認められた場合に限り、超高額融資、低金利のサービスが受けられるということです。

ミスターカードローンでお金を借りるには?WEB申込から審査、借入までの流れをチェックしよう

ミスタカードローンでお金を借りるときは、

  1. ホームページから申込み
  2. 仮審査結果の連絡
  3. 本審査

の3つのステップで手続きが進みます。

まず、ミスターカードローンの申込みは、住信SBIネット銀行の公式サイトで受け付けていますので、そこで、必要事項の入力をして申込みをします。

その後、最短60分(約1時間)で仮審査結果の連絡があり、本審査へと進みます。
本審査の手続きは、1日~数日で終了し、借入れできる状態になります。
申込完了から借入れまでは、住信SBIネット銀行の口座があれば、最短即日~数日程度で済みます。
銀行の口座がない場合でも1週間程度あれば、借入れできるケースが多くなります。

住信SBIネット銀行のミスターカードローンの審査で在籍確認の電話はある?

住信SBIネット銀行の審査では、他のカードローンと同様、在籍確認の手続きが行われます。
在籍確認は、申込み時に申告した「お勤め先の情報」が正確であることを確認するための手続きです。

「在籍確認なし」を希望する人もいるかもしれませんが、在籍確認で勤務先に申込みがバレるわけではありません。

ミスターカードローンの場合は、在籍確認の電話の際に「オペレーターの個人名」「住信SBIネット銀行名」のいずれかで名乗るかを選べるようになっています。
勤務先の状況に応じて、個人名で電話をかけてもらうこともできますので、在籍確認に不安を感じる必要はないでしょう。

住信SBIネット銀行の審査で収入証明書が必要なのはどんなケース?

ミスターカードローンの限度額で300万円超を希望する場合は、年収を証明する書類(収入証明書)が必要になります。

収入証明書は、自分の1年間の収入を証明するものですが、

  • 源泉徴収票(会社員、アルバイト(パート)の方)
  • 確定申告書の控え(個人事業主の方)

などのことです。

源泉徴収票や確定申告書の控えを紛失してしまっている場合は、最寄の税務署等で交付が受けられる「所得証明書(課税証明書など)」を用意するようにしてください。

なお、ミスタカードローンの申込みにあたっては、本人確認書類が必要になります。
運転免許証やパスポートは、必ず用意することになりますので、できるだけ早めに用意しておくことをおすすめします。


このように、住信SBIネット銀行のミスタカードローンは、低金利で高額融資が見込める特徴があります。
アルバイトやパート勤務でも申込み可能で、安心して申し込めるサービスであるのが最大の特徴ではないでしょうか。